top of page

Après la pluie

若葉きらめき、風薫る季節、

皆様いかがお過ごしでしょうか。


ひと雨ごとに緑深まり、夏へと近づく一方で

明け方や夜はまだまだ肌寒いーー。


今回はそんな季節のグラデーションを感じながら作った一皿をご紹介したいと思います。



コースの2皿目にお出ししているのは

「Après la pluie -アプレ ラ プリュイ-」。


直訳すると、雨開。雨上がり。

草木を濡らす、翠雨の後にできた冷たい水溜り。

そこに映る、清涼な新緑をイメージしました。



サラリと冷たく、透明感のある液体はフヌイユのブイヨン。

新緑の雫のような苦味と薫りのオイルを垂らし、

淡い鴇色の石鯛、瑞々しいグリーンアスパラガスを重ねています。



アスパラガスはポキッと快い食感で、

熟成により一層力が増した石鯛は、肉厚でねっちりとした歯ざわり。


脂がのっているのにくどさはなく、

媚びない、凛とした甘味が、

アスパラガスの内に宿る塩味を引き立ててくれます。


夏へ向けて、身体が求める潤いを 旬の食材から補給する心地よさ、

透明感に満たされるような感覚を 楽しんでいただけますと幸いです。

Comments


bottom of page